ハンスゲオルグ・シュマイザー(フルート)Hansgeorg Schmeiser Flute

生まれ故郷グラーツの音楽大学で、ゴットフリード・ヘヒトル氏のもと、音楽の勉強を始める。その後、パリでアラン・マリオン、ウィーン音楽大学でヴォルフガング・シュルツの各氏に師事し、1982年に優秀な成績で同大学を卒業する。卒業後はマスタークラスに参加し、オーレル・ニコレ、アラン・マリオン、カールハインツ・ツェラーの各氏に師事。Austrian Jeunesse competitionsで優勝。1982年、ウィーン・フォルクスオアーパーのフルート首席奏者に指名される。1984年、ウィーン音楽大学でヴォルフガング・シュルツ氏の助教授となり、その後、2000年10月より正教授として自らのフルートクラスを持つ。ソリスト、また室内楽奏者としてヨーロッパ全土で活動するとともに、日本や韓国において定期的にマスタークラスを行う。1993年より、N euberger Kulturtage マスタークラスの芸術監督として、また2001年よりチロルのフィス国際フルートアカデミーでディレクターとして活動する。ウィーンフィルハーモニーの定期的ゲストであり、Wiener Kammerorchester、アンサンブルdie Reihe、アンサンブル des 20,Jahrhundertsの長期メンバーとしても活動する。

望月恭子(ピアノ)Kyoko Mochizuki  Piano

2002年、国立音楽大学ピアノ科卒業。同年渡欧、コンセルヴァトリウム・ウィーン私立音楽大学(旧ウィーン市立音楽院)、ピアノ演奏科学士課程に入学。学士課程在学中、学内エリカ・チャーリー奨学金授与。学内コンクール第1位。ベーゼンドルファー奨学金授与。ザルツブルク、モーツァルテウム音楽大学において、ベーゼンドルファー社主催、受賞者記念演奏会に出演。ウィーン国際音楽セミナー主催、ディヒラーコンクール第1位。学内にてピエール・ロラン・エマール、ダニエル・バレンボイム、エリザベス・レオンスカヤの公開レッスン受講生に選出される。ベーゼンドルファー社後援ジョイントコンサート、およびオーストリアBAWAG銀行主催ソロコンサートに出演。

2006年、同音楽大学における学士試験に、実技、論文共に最優秀の成績で合格。同音楽大学、大学院修士課程に入学。修士課程在学中、ウィーン楽友協会グレーゼルナー・ホールにて行われた学内演奏会にソリストとして出演。2008年、同音楽大学、大学院における修士試験に、実技、論文共に最優秀の成績で合格し帰国。

帰国後はソロリサイタル、声楽・器楽伴奏の他、NHK交響楽団、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団、ウィーンフォルクスオーパー管弦楽団など主要な交響楽団の奏者と共演するなど、室内楽においても演奏活動を行う。



公演チケットを購入
駐車場について
座席表ステラシアター
座席表円形ホール
施設ステラシアター
施設円形ホール
総合お問い合わせ
シャトルバスのスケジュール
アサヒ飲料

※ステラシアターや円形ホールで開催する公演チケット掲示で お得な特典(割引など)がありますので コンサート当日開場前、または宿泊して翌日にご利用下さい。  
※有効期限は、各施設によって違いがありますので各ホームページ上でのご確認お願いいたします。

るるぶトラベル 国文祭特別サイト